シューツリーが…ない!



古い靴の良さと靴磨きの楽しさに目覚めた頃、雑誌やWEBをひたすら読んだ。
シューケアの基本的な流れをつかみつつも、
これはやるべきだ、とか、
いやこれをやったら痛むからやるな、など、
方々によってまるで違っていたので、うーん…これは宗教何かか?と、意識が軽く遠のいたものである。
ただそれでも、皆さん共通で仰っていた事が一つある。それは、
「シューツリーは必ず入れる事!」


婦人靴はただでさえシューツリー(キーパー)が少ない。
高価なブランドでも、純正品が買える機会はとても少ない。

そもそも店に並んでいる時点でツリーなんぞ入っていないから、知らない女性も多い。
婦人靴はヒールの高さも全然違うからか、基本は一本バネ式のタイプになる。
一番多く出回っているのもこのタイプだと思う。

私が持っているような狭い靴に入るシューツリーは限られているが、それでも3種類購入してみた。

tree


だが、問題がいくつか。

1、バネが強すぎる。

tree

海外製のものは細身だが、大きいサイズの靴を想定しているからか
私の23cmの靴にはバネが強すぎる。
靴が崩壊しないかとても怖い。古靴には入れたくない。
また、収納にも非常に邪魔である。

2、トゥの形が合わない。
トゥの形は色々あるのに、ツリーはポインテッドトゥ寄りでとんがっている物が多い。
スクエアトゥの靴に合うツリーはあるのだろうか。
全然形が違うツリーを入れていいのだろうか。
不安が残る。

3、入らない!

tree

そもそも一本バネではないタイプや木製のものは大きすぎる。
入りそうなものがあっても少々値が張る。もし入らなかったらと考えると手が伸びない。

致命的なのは踵。ツリーの丸みの方が靴より大きい。

tree

幅狭靴を探し求める者として、これは致命的である。
靴は縦にも横にも、なるべく広がって欲しくない。


困った。
靴の手入れには、靴を長持ちさせるには、シューツリーが必要だと皆が言うのに
私にはツリーがないのである。

続く。


スポンサーサイト

コメント

No title

私もまったく同じ問題にぶち当たってます。
4足分連続でサイズがでかくて合わないものにぶち当たり、もう嘆けばいいのか笑えばいいのか・・・。
ビン靴なので、かかと周りに余計な付加がかかるのは恐いところです。
木製であるので、仕方がなくヤスリで削って調整してますが、簡単に心がへし折れそうになります。
これなら100均の木製キーパーのがマシだったかも・・・だなんて状態です・・・・・・。

Re: No title

スニゲーターさん

やはり削るのは大変ですか。
通気性を考えると木製が良いのかな、と思うのですが、一体どれだけ削れば良いのか…怖くて手を出せませんでした。
今回の問題、結論出ていますので次回書きます。
大した結論じゃないですけども。
非公開コメント