Sassy

前回と同じメーカー、同じセメント製法でも、時代が変わると作りが変わる。



DSC04748.jpg

DSC04755.jpg


似たようなデザインを古い広告やGoogle News Archiveで見つけることができる。

以下3点はGoogle News Archiveから。

19430822_gna_the-milwaukee-journal.png
The Milwaukee Journal - Aug 22, 1943

19431008_gna_the-milwaukee-journal.png
The Milwaukee Journal - Oct 18, 1943

19460403_gna_the-pittsburgh-press.png
The Pittsburgh Press - Apr 3, 1946


ステッチなどで若干バリエーションの違いはあれど、どれもSassyと名前が付いている。
色はBlackとArmy Russet。
当時のファッションは戦争の影響でミリタリー風が流行だったようなので、色名もこの影響だろうか。
47年のニュールック登場以後は、靴も女らしく変わっていくので、それ位までに作られた靴かな、と思う。

今の靴紐はオリジナルではなさそう。


型番は手書きで、400815 7aaaa 4 W?846。

DSC04740.jpg


で、この靴、ちょっと拭いてみたらドン引きする位汚い。
拭いても拭いても洗ってもまだばっちいってどういう事なの。
あなた今までどこでどうしていたの。

DSC04746.jpg
スポンサーサイト

ケアおしまい

ケアおしまい。
まーこんなもんでしょう。



靴の中に新聞紙も何も詰めないで送ってこられたものだから、右足ぺしゃんこの上さらに革も硬化していたが、致命的な亀裂にはなっていなかった。よかったよかった。

DSC04872.jpg

ケアは完璧を求めない事にしている。
疲れちゃうから。
汚れはあんまり気にしない。落ちないもんは落ちないのである。
履いた時に乾燥でピキッってならなきゃいいんである。
(あ、これ履けないんだった。まあいいわ)


爪先の反りはどうしようもないな…


トップリフト。



それにしても、本当にこれインペリアルなのだろうか。
調べても全然出てこないのはともかく、作りがね。
悪い意味で紳士靴とレベルが違う。
なんかこう、ううむ、もうちょっとがんばれよ!と言いたくなる。

革が薄いのは婦人靴だからまあいいとして、
ステッチ幅とか、ステッチがずれてブローグの穴にかかっちゃってたりとか…



しかもこれ一箇所じゃあない。他にもいっぱいある。

ソールもそこそこ削れてると思うのだが、糸一本出ていない。



コバはこんな感じ。




中敷めくってみた。



とりあえずマッケイではないらしい。

オーバーサイズながら履いて歩いてみたけれど、かえりも良いしセメントだと思う。
このコバの張りでセメントか…
うーん、なんだかもやもやするのである。

DSC04868.jpg

梅雨のはざま

今週は雨ばっかりだったけど、今日は朝から夕方まで晴れマーク。

IMG_0843.jpg


久々に雨の心配する事なく革靴が履けた。

IMG_0841.jpg


こんな日は、古い靴でも大丈夫。
洗濯物も外に干せる。
浮かれて麦わら帽子も親子でかぶっちゃう。


通勤中の音楽も、アッパーな曲で。

Chaka Khan - I Feel for You


Awesome City Club - children(デモしかなかった)


New Order - Krafty


The Cardigans - Rise & Shine



通勤時間が割と長く、いつも同じ曲ばかりだと飽きるので、CDアルバムはよくレンタルしている。
音楽的背景や歴史には詳しくないので、職場で流れるラジオ(Jwave)の曲や、誰かが良いと言っていたアーティストをいつも適当にピックアップしていく。

数年前のレンタル当時はイマイチ好きになれなかったChaka Khan、最近とってもいい。お気に入り。

女性のためのインペリアル

シューケアや靴のつくりに興味を持ち、本やらブログやら色々見ていると、登場する靴はほぼ間違いなく紳士靴である。
私には逆立ちしても履けないし、靴売り場に就職する予定もないので生涯縁のない靴達なのだが、よく出るブランド名はなんとなく分かる。

これらのブランド、婦人靴もあるのかな?と調べると、球数こそ少ないが大体あるもので、体感だが7割位は見つかっているように感じる。

だが、これはあるとは思わなかった。
女性のためのインペリアル。



始めは何かの冗談かと思った。
工場で中敷が足りなくて紳士靴側から貰ったのかな? とか。
中敷が擦り切れたと嘆く妻のために、夫が不要なインペリアルの中敷を切ってあげたのかな? とか笑。
それはそれでロマンチックな話ではあるが、型番を他の手持ちのフローシャイムと比べた限りでは、インペリアルかはともかく、とりあえずフローシャイムではあるらしい。


DSC04768.jpg
サイズは8。2Aと4Aのコンビネーションラスト。
表記は816676 SO112 5。
紳士靴と表記が違うので、年代なんぞはさっぱり。


サイズ8は普通に考えたら足長23cmの私には大き過ぎるのだが、セラーが中敷サイズ9 1/2インチ(約24cm)と言うので信じて買ってみたらやっぱり大きかった。測ってみたら26cmもある。おおらかにも程がある。

そんな訳で私には履けないのだが、セラーとの交渉の結果、靴は私の元に残る事になった。
なかなかの歪みと汚さで放っておくのも可哀想なので、ただいまケア中である。
DSC04773.jpg