シューツリーが…ない! 3



続き。

問題はよく履く1軍の靴達なのだが。
…そもそも、靴にツリーは必要なのだろうか?

ここまで来て何を言っているのかと思われるかもしれないけれど、細過ぎて入るツリーがないと言われた現行のオーダー靴は、ツリーがなくとも特に不都合を感じない。
なおけんたさんからは、きちんと釣り込まれた靴にはツリーがいらない…というコメントも。


以前、フェラガモのパンプスに合うツリーが欲しくて、フェラガモジャパンにメールで問い合わせた事がある。
ebayで購入したAAAAのパンプスと型番の画像を添付し、合うツリーがあるか質問した。
直営店ではどこでも買えるという回答に、喜び勇んで靴を店舗に持ち込んだら…答えはノー。
ツリーは立派な木製のものが存在していたものの、持参した靴には全く入らなかったのだ。

がっかりする私に、小田急新宿店、フェラガモブティックの店員の女性はとてもよくしてくれた。
足を運んでいただいたのに用意ができず申し訳ないと頭を下げ、
ツリーがありそうな店のメモをくれ、
幅の狭い靴が手に入れ辛い状況に理解があり(彼女自身少し幅狭で、日本で売っているフェラガモの幅が合わず海外でB幅を購入していた)、
持参したパンプスを丁寧に包んでくれた。
そしてこう言った。
「お客様、靴は履いてあげる事が一番のケアですよ。」


そんな訳で、よく履く現行靴にはツリーを入れない事にした。
手入れにツリーが欲しくなったら、履いたまま磨けばいいのだ。
自分の足がツリー代わり。


現行靴はともかく、古い靴に何も入れないのは少し怖いので、1軍の古靴にはこれを。
布製のシューキーパー。

tree

こういうタイプなら、リボンを解き中の綿を抜けば、幅の狭い靴に入るのではないかと考え購入。
去年楽天で買ったが(今は売っていないようだ)、手作りバザーでも売っていそうな、どことなく懐かしい形。

靴を整える力は弱いかもしれないが、逆に言えば余計な負担はかからない。
甲の皺の沈み込みを取り敢えず防ぐことができ、通気性がよく、手軽に入れられる。
軽いので修理に持ち込む時にも使用。

tree

カゴにぽいぽい入れても可愛い。
中には綿と一緒にハーブも入っていて、ほのかにいい香りがする。

tree


結論。
・あまり履かない靴…薄紙・新聞紙+プラスチックの棒
・手入れ中の靴…薄紙・新聞紙+突っ張り棒
・よく履く古い靴…布製シューキーパー
・よく履く現行靴…入れない

素敵な木製のツリーに縁がなかったのは残念だけれど、とりあえず満足している。
…安く済んだしね。

スポンサーサイト

シューツリーが…ない! 2



続き。

ツリーがないのなら、作れば良いのである。

とはいえ、私は一応、世間一般に言うところの兼業主婦。仕事に家事に子供の世話がある。
木からツリーを切り出せたらカッコいいが、あまり時間がない。
もっと簡単に、そしてなるべく安く済む方法を考えてみた。


■ ツリーを切ってみた

プラスチック製のツリーは切る事ができる。
こういうハサミを使って

tree

カットしてみた。

tree

が、うまくいかない。
側面を切り落としてしまう事になるので薄くなりすぎる。
踵側はさすがに切れないし、バネの強さは当然変わらない。という事に切ってから気づいた。アホだ…。


■ 棒を自作してみた

新品で靴を購入すると入っていることがある、紙製のあの棒。

tree

これが靴の分だけあればいいのでは?

ちょっと調べてみたが、固有名詞が分からない。素人が手に入れる事は難しいかも…。
という訳で、それっぽい素材をホームセンター等で購入。
先程のハサミで丁度いい長さに切ってみた。


・竹やプラスチックの筒

tree

紙製の棒に近い直径7mm(竹製はどこかに失くしてしまった)。
切りにくい。
それでも頑張って切断した途端、切れ端が部屋のどこかに超高速で飛んでいく。危険である。
切れ端も危険。


・アルミのパイプ

tree

直径3mm。
曲げられると靴を入れる時に便利かと思い購入してみたが、曲げた所が折れやすいので微妙。
曲げなければ問題なく使えるが、それなら別にアルミじゃなくてもいいような…。


・プラスチックの棒

tree

直径5mm。
切りやすい。程よくしなり、靴に入れやすい。
コスパも良い。
丸めた薄紙+棒の組み合わせなら、どんなトゥにも合う。
毎日使う靴には面倒だが、あまり履かない2軍の靴には良さそうだ。


・つっぱり棒

tree

バネ式のツリーとはつまり靴内部で突っ張っている訳で。
それならばと短いつっぱり棒を購入。
ただし、100均のものは一番短いものでも長過ぎたので、更に短いものを楽天で購入。
平安伸銅工業製の隙間用ポール。
最長16cm〜最短13cmまで短くできる。

靴に入れるととこうなる。

tree

踵側はなるべく面積を小さくしたいので、先端のキャップを取り外して新聞紙をかましている。
これ、非常に便利。
短い状態で靴に入れ、後から無段階調節で伸ばすことができる。
靴の状態やトゥの新聞紙の量が左右で違っても大丈夫。
多少濡れても平気で、靴の様子を見ながらいくらでも調整できるため、主に写真のような古靴の初期メンテに使用。
お値段も2本で400円ほど。
安い。素晴らしい。

思った以上に長くなったので、さらに続く。