スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュムッツブラシによる災難

私には娘がいる。

今年3歳になる彼女は、なんでもやってみたいお年頃である。

私が靴磨きを始めると当然やりたがるので
娘の靴と、小さなブラシを持たせて好きなようにやらせている。大抵すぐに飽きる。

ある日の帰宅後、靴を脱がずに靴ベラで遊び始めたので
私は上着を脱いだり手を洗ったりしていたら
玄関から怪しい物音が…
ハッと目をやると、あろうことか
彼女は靴底用のシュムッツブラシ(と言うとかっこいいが、要するにタワシである)で、
今私が脱いだばかりの靴の、アッパーを、一生懸命ゴシゴシやっていたのである……。

ギャーーー!

すぐに止めたが、キレイにしてあげたのよ!とドヤ顔の彼女を叱ることなどできる訳もなく
(手の届くところに置いていたこちらが悪い)
これは靴底用なので、靴の上の方はこっち
(埃取り用の馬毛ブラシや起毛用スポンジブラシ)でやって欲しいなあ、と
努めて優しい声で伝えると
何故かスポンジブラシで靴底をゴシゴシ。逆逆!


玄関に置いてあるブラシ達。上から順に、
埃取り用の馬毛ブラシ(タピール)、黒起毛革用の馬毛ブラシ(ジュエル)、
靴底用シュムッツブラシ(タピール)、娘の靴用スポンジブラシ、1/2にカット済(ウォーリー)。



その後馬毛ブラシで靴底をキレイキレイしてくれたり、
自分の靴をキレイにしたら?と
娘の小さな靴と、娘用のスポンジブラシ
(娘の靴はピンクのヌバックのためブラシもピンクに染まっている)を持たせたら即効飽きて
すでに帰宅していた夫の革靴に取り掛かろうとする直前で
あわてて馬毛ブラシに替えさせたり…

DSC04175.jpg
ピンクヌバックの娘の靴。


ラチがあかないので
もうキレイになったよ、ありがとうと言ったら
満足したのか大人しく部屋に上がってくれた。

帰宅直後で疲れていたが、さらに疲れた。


もちろん、ブラシ類はすぐに全て片付け…ようとして、やめた。
片付けたのはシュムッツブラシだけにした。

興味を持つ事は悪い事じゃないはずだ。
玄関にあるのは埃やゴミ取り用のブラシだけだから、危険な訳でもない。
(塗布ブラシや靴クリーム、スプレー等は別の場所にしまってある)
服などが埃っぽくなるかもしれないが、
我が子は保育園児、毎日保育園に行ってる時点でそんなもの気にしてもしようがない。
触って欲しくない靴は脱いですぐに下駄箱に入れればいい。
すぐに下駄箱に入れる事はカビなどを考えるとあまりやりたくないが、
我が家の下駄箱は24時間除湿されている。
きっと除湿機様が頑張ってくれる。


それに、今見守ってやれば
将来若くしていつも靴がピカピカな素敵女子になるかもしれない……!
ならないかもしれないけど。

もうちょっと大きくなったら、ブラシの違いが分かってくれるだろうか……。


ちなみに、シュムッツブラシの刑に処されたのは
一番安い、雨用のラバーシューズ。
高い革靴じゃなくてよかった、本当によかった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。