女性のためのインペリアル

シューケアや靴のつくりに興味を持ち、本やらブログやら色々見ていると、登場する靴はほぼ間違いなく紳士靴である。
私には逆立ちしても履けないし、靴売り場に就職する予定もないので生涯縁のない靴達なのだが、よく出るブランド名はなんとなく分かる。

これらのブランド、婦人靴もあるのかな?と調べると、球数こそ少ないが大体あるもので、体感だが7割位は見つかっているように感じる。

だが、これはあるとは思わなかった。
女性のためのインペリアル。



始めは何かの冗談かと思った。
工場で中敷が足りなくて紳士靴側から貰ったのかな? とか。
中敷が擦り切れたと嘆く妻のために、夫が不要なインペリアルの中敷を切ってあげたのかな? とか笑。
それはそれでロマンチックな話ではあるが、型番を他の手持ちのフローシャイムと比べた限りでは、インペリアルかはともかく、とりあえずフローシャイムではあるらしい。


DSC04768.jpg
サイズは8。2Aと4Aのコンビネーションラスト。
表記は816676 SO112 5。
紳士靴と表記が違うので、年代なんぞはさっぱり。


サイズ8は普通に考えたら足長23cmの私には大き過ぎるのだが、セラーが中敷サイズ9 1/2インチ(約24cm)と言うので信じて買ってみたらやっぱり大きかった。測ってみたら26cmもある。おおらかにも程がある。

そんな訳で私には履けないのだが、セラーとの交渉の結果、靴は私の元に残る事になった。
なかなかの歪みと汚さで放っておくのも可哀想なので、ただいまケア中である。
DSC04773.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント