もふもふもふ

蒸し暑い。

天気予報は常時湿度70%超を弾きだし、蝉が元気に鳴くようになった。
どちらかといえば苦手な冷房も、寝苦しさで起きてしまうようではつけない訳にはいかない。

こんなに時に私ときたら、



ブーツの手入れをしようというのである。
起毛革にウールのボア付き。
な、なんて暑苦しいんだ。

この靴を忘れていた訳ではないのだが、どうも気がのらず放置に放置を重ね、気がついたら夏になっていたのである。

名前はファウレ。サイズ23.5AA。

DSC04996.jpg


メーカーのパラマウント(ポディア)はAAまで展開しているので、幅狭靴をお探しの方にはよく知られていると思う。
革の高騰等でメーカー各社が値上げをする中、パターンオーダーのA幅(一応)パンプスが2万円でお釣りが返ってくるのはここ位ではないだろうか。
このファウレも、カスタム込で税込2万台前半。
全国で販売会があること、修理可能な事もポイント高い。

しかし、ばっちい。

DSC04992.jpg

シーズン中はスポンジブラシでこちょこちょする位だったので仕方ない。
真冬はこれを履いて子供と公園にも行った。

DSC04990.jpg

偏ったすり減りは滑り台を滑ったから。
シーズン前に修理したほうがいいかな?


手入れ開始。シャキーン。

DSC04994.jpg

ゴシゴシして、ヌバック+テキスタイルボトル(コロニル)で色入れ。
若干化学物質の匂いがするが、窓を開ければ大丈夫。

できた。もふもふもふ。

DSC04997.jpg
DSC04999.jpg
DSC05002.jpg

ゴム底のなみなみに詰まってた汚れは、歯ブラシと水でかきだした。

DSC05006.jpg

これでいつ冬が来ても大丈夫。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント