スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由日 4

整体で胃以外はすっきりさっぱりしたところで、アルスノバとSUPER8SHOES、どちらから行こうか。
とりあえずアルスノバに電話すると15時から大丈夫との事。
オーダーは前回とても疲れたので、できれば最後に回りたかったが、よりむくみのない足で靴を作れると思い直し、先にアルスノバへ。


実は前回の受け取りからこの日までの間に、お店に2回訪れている。

1回目。
中敷パッドを少し踵側へずらしてもらった。

その後の事は、この記事で「だんだん気にならなくなってきたので今は様子見」と書いた。
が、一旦気にならなくなったもののその後痛くなってきて、
踏まずに体重を乗せると痛い→小指側に重心を乗せる→小指が痛い
の悪循環。しまいには痛みで足を引きずるように帰宅。

これはおかしい、なぜこんなに痛い思いをして履かねばならんのだ?
という訳で、店に行く時間もなかった私は自分で中敷をベリベリ剥がしパッドを取ってしまった(勿論本当はお店でやっていただいた方が良い)。
剥がしてみて分かったが、中敷は元々薄くパッドが付いているタイプで、その下に更に分厚いパッドを後付けしていた。
この後付パッドを慎重に剥がして履いてみたら…
痛くない!快適!もっと早くやれば良かった。


2回目。
革が馴染むにつれ、右の小指の先が当たるようになってきたので相談。

伸ばすのに2、3日預かりになる事、もう少し馴染んだら変わるかもしれないので様子を見た方が良いとのアドバイスを受けた。
相談自体は5分で終わったが、他の客が来ないのをいい事に革の話やら何やらでなんだかんだで1時間ぺらぺらお喋り。
勝手に剥がした中敷はよもや怒られるかと思いきや大丈夫だった。盛ってあったのは、足の細い方は高めのパッドが好きな事が多いから、との事。

この時安易に伸ばさず良かったと思う。
今はかなりむくまない限り大丈夫になった。
街歩きはスニーカーより楽なので(スニーカーも緩いものしかないため重く感じる)、この日も勿論履いている。


で、今回はオーダーである。

とはいえ、カンガルー革がいいかな?という以外、何を作るかは全く決まらないままお店に到着。
ご主人も忙しくされていたので、まずは革をじろじろ眺める。


ご主人は作業をしながら、しきりにブーツを勧めてくる。
物凄く推してくる。
足首やふくらはぎに隙間なく作られたブーツがいかに素晴らしいか、もう来店する度に言われている。耳タコなのである。

ブーツはくるぶしも覆うため矯正力が強く、足が安定するのは分かる。
でも幼児を毎日送り迎えする身としては、ファスナー上げに1分もかかるなんて出入りの多い保育園の玄関では邪魔でしょうがない(と私も毎回返答する)。
短靴の紐を結ぶのですらどうにも肩身が狭いのに。

やはり短靴で…と言いかけたその時、ご主人はこうおっしゃったのだった。
「10回もお履きになれば、5秒で上がるようになりますよ。」

…!!!
それもっと早く言ってください。


フィッティング開始。
フィッティング用のブーツで行う。

まず足長。
短靴はつま先上部を盛ってあるが、ブーツはすっきりお作りしたい、と言われ若干ロングノーズになるよう足長を上げる。
これで指は当たらない筈と言われるが、まだ親指の爪が当たるので、1mmだけ上に盛ってもらう。

ボール幅。
今の短靴よりもう少し狭くてもいいような…
あまりぴったり過ぎるのは良くないとの事で、左右共に1.25mmだけ狭める。
ブーツは仮縫い時に試着ができるので、その時にまだ足りなければ、更に狭める事に決定。

筒丈。
これは悩んだ。
ショートブーツにするのは決まっていたが、丈はどれくらいがいいですか?と言われても、こだわりがないから全然分からない。
あまり短いと男っぽくなるので…と言われても、あ、そうなんだ。としか思わない笑。
左右で違う丈のブーツを履いても分からない…!

ご主人はいつも、どれくらいがいいですか?と聞きつつ、心の中には正解をお持ちのようで、それ以外の回答をすると、のらりくらりとかわされ、しぶられる。
正解は、なかなか教えてくれない。
こちらが見つけなければならないのだ。
結局、基本のショートブーツの長さからプラマイゼロの丈、つまり変更なしで決まり。


最後に足首周囲、履き口周囲、外羽根の短靴を履いて両羽根の距離を計測、ヒール高は3cmと確認をして終了。


この革で(向かって左、ワイン色のカンガルー)、




このブーツを作る。シンプル。

IMG_0878.jpg


仮縫い上がりは9月中旬予定。


最後に、雑談をしていたらこんな革を見せてくれた。
大きなペッカリー。

IMG_0880.jpg


とあるご婦人からペッカリーでロングブーツを作りたい、とオーダーがあったものの肝心の革がなかなか手に入らず、やっと見つけたもの との事。
触ってみるとなめらかでとても柔らかい。
…価格はとってもハードだけど。革だけで新入社員の平均初任給を超える。

革がどんどん手に入りづらくなっている、とご主人はおっしゃった。
クロムによる汚染の話もした。
そのうち合皮が主流になって、遠い将来、この靴本物の革でできてるのね!アンティークで素敵!…になるのだろうか。

その昔、靴は手縫いが当たり前だったように。
スポンサーサイト

コメント

No title

オーダーの打ち合わせっていいですね。
注文すべき主役の靴の話、自分の足の話だけでなく、脱線しながら色々な内容に広がったりしますよね。
私の場合は、羽田の橋本さんとのやりとりが一番楽しかったですね。あ、浅草コブラーの石郷岡さんも良かったですね。
ただ、私の場合、HALさんほど細かく打ち合わせなかった気がします。
脱線の方が多いですね。パターンオーダーだからかもしれません。

今度はブーツですか。
他人様の靴ながら、楽しみです。

Re: No title

なおけんたさん

> オーダーの打ち合わせっていいですね。
> 注文すべき主役の靴の話、自分の足の話だけでなく、脱線しながら色々な内容に広がったりしますよね。
> 私の場合は、羽田の橋本さんとのやりとりが一番楽しかったですね。あ、浅草コブラーの石郷岡さんも良かったですね。
> ただ、私の場合、HALさんほど細かく打ち合わせなかった気がします。
> 脱線の方が多いですね。パターンオーダーだからかもしれません。


橋本さんのブーツは男らしくも美しいですね。
…「短いと男っぽくなる」というのはこういう事かもしれません。今なおけんたさんのHPを見て気づきました。

私の場合はサイズに対して厳しくジャッジをしないといけないので、結構疲れます笑。
アルスノバは木型を1から作るわけではないし、デザインも棚にある靴から選ぶのでビスポークではないのですが、かといってパターンオーダーと呼ぶには、靴の前後で木型が変えられる事やミリ単位の調整等とても細やかです。その中間になるのかな、と思っています。


> 今度はブーツですか。
> 他人様の靴ながら、楽しみです。


ボーナスが無事出たので笑、踏み切りました。
洋服は夏のセールで1着にとどめるなど、節約に励んでおります。
なおけんたさんも靴のハシモトのパンチドキャップトゥ、9月予定との事でもうすぐですね。楽しみですね。

No title

SUPER8SHOESさんのブログにHALさんのフローシャイム出てますね(^_^)

私のペアも以前にリペアをお願いして、写真を掲載していただいたのですが、すごく雰囲気のある写りになるんですよね。背景もビンテージ感が漂いますし、ライティングがいいのかな。。

Re: No title

kuromameさん

> SUPER8SHOESさんのブログにHALさんのフローシャイム出てますね(^_^)

そうなんです。お店で見る靴は家で眺めるよりも美人さんに見えます笑。
ブログの許可もいただきましたので、これから記事におこします。


> 私のペアも以前にリペアをお願いして、写真を掲載していただいたのですが、すごく雰囲気のある写りになるんですよね。背景もビンテージ感が漂いますし、ライティングがいいのかな。。

私も気になりましたので、ライティングについて少し調べてみました。
靴屋ではなく宝石店ですが、下記参考になりましたので良かったらご覧になってみてください。
http://www2.panasonic.biz/es/lighting/plam/knowledge/modelplan/led/housyoku.html
S8Sの商品は古靴ですし、貴金属で言うところのシルバーというよりはゴールド寄りの雰囲気になると思います。

S8Sの照明ですが…
http://s.ameblo.jp/ukamichi/entry-12024328299.html
宝石店程ではないものの、小さめの電球色の照明が複数取り付けられています。
あくまでも素人の考えですが…多方面から光が当たることで影を柔らかく、また靴の照りをキラキラ見せているのかな、と思います。

HALさん初めまして。

私も数日後にアルスノバさんの予約を入れております。
10年程前から細幅靴を探し始めアルスノバさんの存在は知っていたものの、当時二十歳過ぎの私には価格もデザインも可愛くなく(すいません)、またどこまでの細幅を作っていただけるのかが解らず選択肢の中に入っていませんでした。

しかしHALさんの足の画像が私の足と形も細さも似ていた事、どんなに細い靴でも作っていただけるという事、デザインも今のファッションには合うので決心しました。

そんな中ブーツのオーダー記事…。
妄想の中では3足目位、来年の秋冬用にはオーダーしたいと思っており、既に今から丈を悩んでおります(笑)
また短靴よりも矯正力があるとは以外です。

他の方のブログでも書かれていましたがブーツのオーダーレポは見つからないので楽しみにしております。

長文失礼しました。


Re: タイトルなし

ゆづはさん

> HALさん初めまして。
>
> 私も数日後にアルスノバさんの予約を入れております。
> 10年程前から細幅靴を探し始めアルスノバさんの存在は知っていたものの、当時二十歳過ぎの私には価格もデザインも可愛くなく(すいません)、またどこまでの細幅を作っていただけるのかが解らず選択肢の中に入っていませんでした。


初めまして。
靴を探し始めた時期も、おそらくご年齢も私と同じ位ではないかしらと勝手ながら親近感を感じています。
お気持ちよく分かります。靴を探し始めた当時の私にはカネマツやホソノのセールが精一杯。ショショットもサンプルセールで購入していました。


> しかしHALさんの足の画像が私の足と形も細さも似ていた事、どんなに細い靴でも作っていただけるという事、デザインも今のファッションには合うので決心しました。

所謂オジ靴が流行して今や定番になりました。ノージェンダーな空気も手伝って、パンプスが辛い細幅の私にも随分生きやすくなったように感じます。

アルスノバの靴、履き下ろしてから5カ月程経ちますが未だに薄手のストッキングしか履けません笑。
ボール部は余裕を感じるようになりましたが、踵はフィット感が良すぎて、タイツの厚みにするときついようで午後には擦れて痛くなります。
これだけ細い靴、今迄履いてきた中で対抗できそうなのは、試着のみですがタルタルガY83位でしょうか。
私は指が長いので、ご主人曰くボール位置もかなり後ろ側にしたとの事です。
予約を取られたとの事、ゆづはさんのお足に合うと良いですね。


> そんな中ブーツのオーダー記事…。
> 妄想の中では3足目位、来年の秋冬用にはオーダーしたいと思っており、既に今から丈を悩んでおります(笑)
> また短靴よりも矯正力があるとは以外です。
>
> 他の方のブログでも書かれていましたがブーツのオーダーレポは見つからないので楽しみにしております。
>
> 長文失礼しました。


ブーツの方が矯正できるというのは&steadyでも似たような事を言われた記憶があります。
最近の私は海外から古臭い靴を買って一喜一憂するという阿呆な事ばかりやってますが笑、仮縫いがあがってきたら記事にしますので、気が向いたらまたどうぞいらしてくださいね。
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。