テーピング再開

夏の間、汗やかゆみのためにテーピングをお休みしていた。

しかし、外反母趾のためにとび出た親指付け根に、時々痛みを感じるようになった事に加え、巻き爪特有のあの痛みが復活。
少し涼しくなってきたし…という訳でテーピングの復活である。

DSC05471.jpg


私は素人なので、テーピングの仕方については専門サイトに任せるとして(確か普通に外反母趾・テーピングとかで検索したような記憶)、久々にテーピングをつけてPALLADIUMを1日履いてみた。
その日の夜、いつもと同じように入浴時に足裏マッサージをしたが、明らかに疲れ方が違う。
指で踏まずを押しても、あまり気持ちがよくない。つまり、凝りが少ない。
テーピングで足の広がりを押さえて横アーチを作るだけで疲労度が随分違うと改めて実感。

テーピングを始めたのはちょうど1年前、始めてすぐに人差し指(第二指)のMP関節下にあった角質が改善した。
今回のお休みでもこの角質は復活しなかったので、テーピングがない状態でも横アーチがいくらか上がるようになったのだと思う。


秋冬は足元を整えるに絶好の季節、今使っているテープはどうもイマイチなので、もうちょっとかぶれにくいテーピングを探しておこう。


こんな葉書も届いた事ですし。



足が入らなかったらどうしよう…笑。
オーダー時はテーピングをやめた直後だった。
少しテーピング期間を設けてから行った方が良いかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント