Dickersonのケア終了

Dickersonのケアが一応決着ついた。
DSC05678.jpg
DSC05692.jpg
DSC05682.jpg

購入当初は洗うかどうか迷っていた。
しかし、靴の内側に染み込んだ前オーナーの足型を見ていたら、これ洗わないと精神衛生上無理だわ…と思い始め、
いただいたコメントにも後押しされ、
もし色移りしても、割れるよりずっとましだと開き直る事ができた。

結果、普通に洗って普通にグリセリンでひたひたにして普通にオイル塗って普通にクリームで仕上げる事になった。

普通じゃないのはその回数。
乾燥していたし、florsheimのこれで懲りたので、

IMG_0900.jpg

グリセリン2回に、レーダーオイルと1909シュプリームを数えるのもうんざりする位塗り上げて、復活。
案外カビないものである。
色移りも、境目が少し滲んだ位で全然許容範囲。
DSC05689.jpg

内側も革だからか触るとふにふにする。
でもまだおっかないけど。ここなんか屈曲部なのに()の端が切れてる気が…。

DSC05683.jpg


紐はとても綺麗になった。
…というか綺麗になりすぎた。黄ばみが取れすぎて味がない笑。

DSC05688.jpg

エマールで揉み洗い後、残った黒ずみを襟用の洗剤(ちなみに使ったのはトッププレケアエリそで用)ぬりぬりで、驚きの白さに。
本当は紐は新品をつけたいところだが、この手のタッセル付きは数が少なく、なかなか見つからず…。


古いクリームを落としてみたら、白いアッパーは黄身がかった色だった。
合うクリームが見つからず、取り敢えず白で仕上げたけれど…うーん、粉浮きしたおばあちゃん?

DSC05685.jpg

綺麗にするの面倒くさい…
もういいわ、アンティーク仕上げという事で。
無色で手入れしていけば少しずつ取れてマシになっていくでしょう。多分。

混色以外ではブートブラックのその名もヴィンテージホワイトが近そう。
20110727_02.jpg
(画像は公式HPから)
でもこの一足のために買うのももったいないし、匂いがきついと聞くので二の足を踏んでいる。


当時の広告を見ていると、白い靴は本来春夏物なのかな?と思う。

季節はもう秋本番。
だけど折角なので、穴から入る隙間風で足が凍えるまでは履いておきたい。

クリームがかった白も、茶色のトゥも、秋の服に馴染むので。
追記。
紐の通し方間違ってた!後で直さなければ。
タッセル付きは可愛いけれど紐通す時面倒くさい。
テープで先端巻く以外に良い方法があれば良いのだが…。
スポンサーサイト

コメント

No title

恐らくは同時期、あるいはもうちょっと古いスペクテイターと私も戦っています。というか、今年の春に戦い、苦戦のあまりほったらかしています。
やはり勇気を出して洗うべきなのでしょうか・・・。そのブートブラックの白を持ち出しましたが、やはり元の色が生成りがかった色なんですよね・・・・・・。

ところでこちらにリンクを貼らしていただいてよろしいでしょうか?

Re: No title

スニゲーターさん

> 恐らくは同時期、あるいはもうちょっと古いスペクテイターと私も戦っています。というか、今年の春に戦い、苦戦のあまりほったらかしています。
> やはり勇気を出して洗うべきなのでしょうか・・・。そのブートブラックの白を持ち出しましたが、やはり元の色が生成りがかった色なんですよね・・・・・・。
>


洗うのって時間かかりますからね。
一度やるぞ!と決めたら休まず一気にかからないといけません。
あと私は今の所大きな失敗がない分、恐れがないのだと思います。
苦戦の具合にもよりますが、白は汚れるものとして、もう割り切るのもありだと思いますが。
どうせ履いたら1m以上、上から見る訳ですし誰もそこまで気にしない…って割り切り過ぎでしょうか?笑


> ところでこちらにリンクを貼らしていただいてよろしいでしょうか?

こちらこそ貼らせてください。どうぞ宜しくお願いいたします。
でも急に忙しくなって、更新がどうも怪しいのですが…。
そんなブログでも宜しければ。是非。
非公開コメント