スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルスノバのショートブーツ

ブログによると昨年秋、10月中頃になるか。
完成の連絡が来た数日後、会社帰りに受け取ってきた。

本当は足のむくみのない時間帯に行きたかったが、なかなかそうもいかない。
現実はいつも厳しい。

会社を出て歩きながら、今から行きますと電話。
靴をオーダーしないのなら特に予約の必要はないが、私は来店前になるべく電話するようにしている。
お一人で回しているお店なので先客がいたら待たないとならないし、ごく稀に臨時閉店している時もある。

着くと早速ベージュのストッキングに履き替えフィッティング。
前回よりもかなり楽に入り、片足1分で済んだ。
仮縫いより緩めた右は、少々緩め過ぎたように思うが、それでも前回オーダーの短靴よりも細いというから驚きである。
人間って凄い。

それにしても。
一度履くとかなり馴染むとの事だが、仮縫いの時にベージュのストッキングでいけば、少なくとも半分の時間で済んだのでは…と、遠い目をせずにはいられない。


短靴と同じように、店の周りを一周してくるように言われ、そろりそろり歩く。

とにかく踵が痛い!きつすぎる!
このブーツのカウンター、実は金属製ではなかろうか…。

日本橋の裏道、仕事を終えて楽しそうに飲み屋に向かうであろうサラリーマンズの横を、ロボットのように歩く珍妙な女が1人。
ギーカシャン。ギーカシャン。
短靴で歩いた時よりも辛く、戻ろうという考えもよぎったが、意地で一周して戻る。

戻ると、一周できたのだから、履いたままお帰りいただきます。
一周できる人は、大抵家まで履いて帰れるから。とな。
ええと、電話であらかじめ聞いた時は私の聞き間違いかと思ったのだが、どうやら違うらしい。
前は普通に箱に入れてお持ち帰りだったのに…。

履いてきた短靴は前回オーダーしたロングウイングだが、こちらは既に箱に詰められており、ご主人はニコニコ。
断れる雰囲気ではない。

私、頑張りました。
ちゃあんと電車に乗って、駅から家まで歩きました。
足の皮が剥けないで良かった。


そんなブーツがこちら。
DSC05957.jpg
DSC05961.jpg
DSC05962.jpg
逆光で見辛い…。

ワイン色のカンガルー革、木型はS13で短靴と同じ。
13とは何か聞いてみたが、うちの記号です、と仰るのみで詳しくは分からず。

ソールやコバの仕様は短靴と同じ。
レザーソールのマッケイ。
DSC05974.jpg
試着後履いたまま帰ってきたため、若干削れている。

ソールの模様やヒール部分の模様(これはブーツにはないが)について質問してみた。
これらは職人の遊び心であり、装飾以外には特に理由はなく、名前もないとの事。


爪先は磨耗しやすいので、「これ」はそのためだと思うが、
DSC05974-2.jpg
「これ」も特に決まった名前はないらしい。
一度ロングウイングの「これ」が取れたので付け直して貰ったが、ご主人は確か、
金属つけておきますか?
と仰ったのだった。
ご主人はビンテージスチールなどという名前はご存じなかった。最近の流行でつけられた呼称なのだろうか。

前足部の縫い目はすっきり見えるように一重だが、
DSC05972.jpg
踵やファスナーは二重に縫われている。
DSC05976.jpg

YKKのファスナーは底まで下がる。
筒周りもぴったり作ってあるので、本当に下まで下げないと履けないし脱げない。
DSC05978.jpg


内部のカウンター部分。
DSC05968.jpg
もちろん金属製ではなく革である。

このブーツとの初めてのお出かけは、いきなり砂利道ありの公園というハードなデビューだったが、無事突破。
DSC05980.jpg
フィットし過ぎて靴じゃないみたい。革の靴下みたい。革の靴下なんて履いたことないけれど。


ブーツができたのは勿論喜ばしい事なのだが、それ以上に嬉しかった事がある。
履いていったロングウイングを、良く手入れしてあると、褒めてくれた。
嬉しかったな…。
DSC05958.jpg
スポンサーサイト

コメント

No title

お久しぶりです。
お引越しされてたんですね。
新居の後は新靴、羨ましいです。
私の家はもうすぐ20年になりますのでメンテナンスしなきゃならないんですけど、先立つものがなくて困ってます。

履いて買えることになるとは、慣らし運転とはいえ、新靴をじっくりと眺める間もありませんでしたねえ。
革の靴下のような・・・かっこいい表現です。それだけ柔らかくてフィットしているからですね。男の靴はそういうわけにはいかないでしょうね。
カンガルーは丈夫だし、良い感じのシワが出てますね。
これからどんどん馴染んでいくにでしょう。

Re: No title

なおけんたさん

お久しぶりです。

新居といっても中古なんですが、前よりずっと築年数の浅い、リフォーム済の物件でした。
お風呂の冷めにくさ、掃除のしやすさに驚いています。水回りの進化は目を見張るものがありますね。

ブーツですが、強制履き下ろしからもう随分経つのに、踵と足首がガッチリ過ぎて階段は未だにきついです。
でも平地での安定感は抜群で、とっても軽く感じます。

良い感じのシワと言って頂けてちょっと安心しました笑。
普通より体重を乗せながら履くのもあいまって、シワはどうしても多めにできますが、手入れで味になるようにしていきたいものです。
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。