ferragamo パンプスの履き下ろし

以前購入したフェラガモのパンプス。

DSC05459.jpg

昨年秋に履き下ろしている。


足入れ前に手入れを一通り。
一応グリセリンも塗布したけれど、元の状態が良かったため吸いきれない所があった。
大事に保管してあったのだろう。
こういう時、名の知れたブランド靴は強いなと思う。
雑に扱われない。

ワックスまで終わって足を入れてみると…
緩い。長さはいいがやはり幅、特に踏まず〜踵が物足りない。
が、履けなくはない。
この靴はワイズAAAAAだが、JISでいうところのAAA位だろうか。
若干前滑りしている。踵はギリギリついてくる。
よく日本と海外では2ワイズほど差があるというが、この靴も大体その通りといえる。

インソールを入れてみた。
使用したのは「透明ジェル状インソール」の土踏まずタイプ。248円也。

IMG_0964.jpg

全面ジェルインソールは滑りが悪いので紐靴にはあまり向かないが、パンプスにはいい。
1日職場で試し履きしたらまあまあ。なんかヒールが引っかかるけど…と思っていたら。

IMG_0919.jpg

トップリフトが割れていた。
古いから劣化していたのだろう。試し履きしておいてよかった。
修理で特に問題なく直す事ができた。


普段、パンプスは履かない事にしている。
職場ではどんな靴でも問題はないし、そもそも私の足幅の細さでは、パンプスは難しい。
タルタルガの1番細い木型、AAAAA/AAAAのコンビラストでも踵が緩いし(そもそもあの木型でパンプスってあったかしら?)、幸いそこまでパンプスにこだわりはない。
ヒールが欲しい時はビンテージの紐靴を履けばいい。


そんな私でも、履きたいなと思う時はあるわけです。
例えば、娘の晴れ舞台。3歳の七五三。

DSC05831.jpg

神社までは車移動に加え、本殿に上がる時は紐靴より楽に脱げる。
色味もスーツが紺だから丁度良かった。
慣れないパンプスを履いた足も、朝から出かけて、昼までもってくれた。

ソールは何も貼らなかったが、滑らず歩く事ができた。
ソールにラバーを貼るか否かは好き好きだと思うが、この美しい底面にラバーを貼るのは躊躇われ、そのまま使用。

DSC05469.jpg

どうせ履けば削れるので気分の問題だけど。

神社は砂利道だし…と、つま先とヒールはパレードグロスでいつもより念入りに保護しておいたが、これが本当に功を奏した。
土に砂利が敷いてあるだけの駐車場で、荷物を取り出す時にいきなりガクン!
細いヒールが地面に全部埋まってしまった。
思わず変な声が出たが、慣れない着物の娘と義両親の前で自分の靴をあからさまに気にする訳にもいかず…
傷になっていないかヒヤヒヤしたが大丈夫。
ワックスを塗っておいて本当に良かった…。私グッジョブ。
スポンサーサイト

コメント

No title

このフェラガモ、アウトソールを見ると、モディファイドラストのようなくびれ具合ですね。土踏まずあたりも立体感があり、一目で高級仕様だとわかります。履き口周りのステッチも、フローシャイムのクリッパーを思わせる仕事ぶりで素晴らしい。

一般女性ならはこんなコメントを書かれても混乱するだけだと思いますが、HALさんならご理解いただけるかと(^.^)

Re: No title

クロマメさん

伝記のうろ覚えですが…
昔は靴による足の変形で具合が悪くなる女性が多かったようで(今も少なくないですが)、かのフェラガモは健康を阻害しない、かつ顧客のお洒落に妥協しない女性達が満足できる靴を作るにはどうしたらいいか腐心していたようです。
渡米後わざわざ大学で解剖学も学んでいますから、そういう意味では整形履とも近いかもしれないですね。
行き着く所は同じなんでしょう。

仰ってる言葉は一応分かりますが、クロマメさん始め皆さんのブログで何となく、ふわっと、知ってるだけです。

筆記体ロゴは何年から?等とクイズを出されても正答できませんから、その辺りはどうぞお手柔らかにお願いします汗。
非公開コメント