スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年経過:アルスノバのロングウイング

アルスノバのロングウイングが、履き下ろしから1年ちょっと経った。

履き下ろし前。
DSC04390.jpg

現在。
DSC06091.jpg

大分馴染んで、横に広がっている。
(この撮影は中に軽く詰め物をして行なっている。)
最近右の小指が当たりがちで、かなり紐を締めてギリギリ大丈夫といったところ。
元々右足側は体幹的に少し弱く、幅も左より少し細い。
この靴は後に出来上がったブーツより緩いので、靴の中で足がブレて小指が当たってしまうのが原因の一つのように思う。

履き下ろしてからの最低10回は、履く前にクリームで手入れするようご主人から言われていたのでその通りに。
その後は2回に1回、3回に1回…と少しずつ間隔を空けていき、今は1-2か月に1回位で手入れ。
登板回数は、初期は週2、今は週1位。

ちなみに、インソールのロゴは速攻消えた笑。
多分、こういうところにはお金をかけていないのだろう。


ツリーを入れていないからか?爪先が反り気味。

DSC06093.jpg

アルスノバではギルコのツリーが買えるようだが、私の時は丁度品切れだった。
個人的にバネ式はなんだか怖い。ギルコもバネ式なので、ちょっと消極的…なんだけど、次行った時に相談してみようか。

爪先も目立たないながら傷がついている。
私の環境は靴にとって結構、過酷だ。
通勤電車は行きも帰りも混雑しているし、子供の保育園では靴を脱ぐ。玄関まで戻ってきたら横に転がってる事も多い。


ソールの減りはこれくらい。

DSC06096.jpg

まだ大丈夫。
もっと磨り減ったら、更に狭い木型でオーバーホールしたい。
爪先の金属はいつの間にか取れてしまってそのまま。
(ご主人には、走ると取れるので走らないでください、と言われたが、子持ちには無理難題である。)

ヒール側。

DSC06094.jpg

トップリフトは非常に減りにくい。1年間、一度も換えてない。
反面、グリップ力が物足りないのは仕方のないところ。
濡れたタイル面は怖くて歩けないので、雨どころか雨上がりにも履いていない。
硬質のコツコツしたいい音がする。

巻きスタックの色がいい感じ。
履き下ろし前はこの色。

DSC04388.jpg

革と同じ黒を塗っているが、前よりずっと好き。



せっかく出したので磨いておいた。
次の1年も宜しく、という気持ちを込めて。
DSC06100.jpg
DSC06102.jpg
DSC06104.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。