真っ黒なプレーンパンプス

パンプスは苦手だ。


世間一般的に、女性の正装時の靴はプレーンパンプスが間違いない、
という事になっているように思う。
ところが私は、ストラップやシャーリングゴムのない、プレーンなパンプスは
齢30を過ぎてネットオークションに出会うまで、1足とて買った事がない。
どんな靴も試着して1歩踏み出した時点で、脱げてしまうからだ。


幸いパンプスを履かなくとも済む生活スタイルだったので、なんとかやってこれた。
だけど、そうも言っていられない時もある。

その最たる例が、お悔やみの席。
若い頃出た仏事では、痛む足を文字通り引きずって出席した記憶がある。
ストラップが効かず、前滑りで足の甲にトップラインが刺さり
帰宅すると内出血で肌が青紫色に変色していた。
あまりにも痛かったので、もうそのような靴は履くまい、その時になったら
ローヒールでも紐靴でも良いから、適当な黒い靴で出ようと思っていた。
が、年月が経ち、歳も取り、立場も変わってしまった今。
そうも言っていられなくなった。


そこで、ebayで靴を買ってみた。
丁寧に薄紙で包まれ、DHLのプチプチ付きパッキングでやってきた。

DSC04241.jpg

DSC04243.jpg


海外モノでは珍しい、真っ黒でシンプルなプレーンパンプス。

DSC04245.jpg


欧米のお葬式では、靴に多少装飾がついていてもOKだからか
どうかなのかは分からないが
(サッチャー元首相の葬儀を見ていると、割と自由だなと思った)
黒い靴を探していても
ゴールドのビットが付いていたり、
ヒールの接続部がゴールドだったり、
エレガントなカットワークが施されていたり、
シルクやサテンでできていたり、
エキゾチックレザーやパテントとのコンビだったりで
真っ黒でスムース革のシンプルな靴は、なかなかないのである。

状態はまあまあ。大きなキズなし、クラックなし。
割と最近まで履かれていたようで、革がしなやか。硬化していない。
ので、大丈夫と判断し、履いてみた。

DSC04259.jpg

ボール部が割と後ろで、指の長い私の足には良い感じ。
室内を一巡りして、前滑りなし、踵抜けなし。いけそうだと判断。


長くなるので、詳細はまた今度。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント