スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンプスの王



前回の靴のブランド。

evins

知らないブランド名だったが気になったので、英語を読めない喋れない私が無謀にも調べてみた。
(もし間違ってたら教えてください)

ブランド名はEvins。

evins



このブランド、どういう靴を作っていたかというと。

映画史に残る、あまりにも有名なこのシーンで彼女の履いていたサンダルや、

evins
https://movies.yahoo.co.jp/movie/七年目の浮気/9995/photo/?page=7


女優からモナコ公妃となったこの方が、結婚の時に足元を密かに彩ったらしいパンプスや、

evins
http://www.elle.co.jp/wedding/celeb/celeb100_17_0125/17

evins
http://www.thehistorialist.com/2014/04/1956-david-evins-for-grace-kelly.html


ファーストレディの足元を支えた靴を作っていたのだった。

evins
http://the.honoluluadvertiser.com/article/2004/Oct/22/il/il01a.html/section?Category=RSS


創業者はDavid E. Evins。
またの名をKing of Pumps。

evins
https://books.google.co.jp/books?id=gv0_DQWfwGwC&pg=PA64&lpg=PA64&dq=evins+king+of+pumps&source=bl&ots=AUYyYg97_t&sig=cMBfZIJ_R0HiKHJjFfyUE7uDHho&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwj8h-Gn_I7UAhWHVZQKHc1kBM4Q6AEIJzAA#v=onepage&q=evins%20king%20of%20pumps&f=false


経歴は、
1909年イギリス生まれ、1991年没。
1922年に家族とアメリカに移民、ヴォーグ紙のイラストレーターを経たのちに1947年にニューヨークで自分の靴工場を開く。
1948年コティ賞受賞。

50年代初期にフランスの工場を買収。
(購入した靴はセラーが40sとして売っていたが、made in Italy。
イタリア工場がいつからかが分からなかったが、少なくとも50s〜かなと。)

チャンキーヒールやブーツでも有名だったようで。

evins
https://andyp1966.wordpress.com/2014/01/23/the-designers-david-evins/


特徴は「6oz(約170g)の靴」と呼ばれたようにとても軽い事。
しかし価格はヘビー級。
当時175$だったそうで。
この「当時」がいつなのかはっきり分からないが、仮にグレースケリーが結婚した1957年とすると…今の約1,530$!

evins

ひいいい高いいいい。
どうやら女優やセレブ御用達ブランドだったらしく…。


ええと。
こんな、私のような庶民が履いていいのだろうか…。
本当はこれを履く時は、殿方の腕に手を添えてエスコートして頂くべきなんじゃなかろうか。
間違っても東京のラッシュアワーな通勤電車の吊革に必死こいて掴まるような女の足元には、相応しくない気がする。

気がするが、しょうがない。
こんなイイトコのお嬢様とは知らなかったのだ。
もう買ってしまったのだ。開き直ろう。
そもそもセレブなレディは中古の靴をわざわざ買わないだろうし。
この子にはエスコートは諦めていただく。
そして私と電車に乗っていただく。

しかしパンプスは基本買わないと宣言しておきながらKing of Pumpsとは、なんたる皮肉…。


長くなったので、手入れの話はまた次に。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。