スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖のサクランボ爆弾



可愛いのか物騒なのか?
よく分からないタイトルである。

今日はこの時期地面で大量に見かける、コレの話。

IMG_1039.jpg

ソメイヨシノの実。要はサクランボである。


さて、私の娘は今3歳。
丸くて、小さくて、キラキラしたものが大好きな、ごく普通の子供である。

そんな彼女が見逃す筈がないのである。
少し風の強い日の公園で、
桜の木の下に大量に落ちている、
丸くて、小さくて、太陽光でキラキラした、
桜の実を。

公園にいた同年代の幼児数人と一緒に集め出す。
小さい体を更に縮こまらせ、実を一心不乱に集める様はただ可愛い。
(親の体力的にも有難い。走り回らなくて良いから。)
嬉しかったのは、初対面の子と打ち解け、バケツに実を集めるために協力しあっていた事。
ちょっと前まで、モジモジしているだけで「一緒に遊ぼう」も言えなかった我が子が。

子供の成長を目の当たりにし、ほんわかした気分で帰宅した。
だがそれは自宅の玄関であっけなく崩れ去った。


考えなくとも当然なのだ。
大量の実が落ちていたのだから。

この実、桜並木の下の舗装路を一時期エグい紫の水玉模様に染める犯人である。
帰宅後、靴底にへばりつく潰れた実を見つけ、残念な気持ちになった事もある。

IMG_1043.jpg


その実を、およそ30分間、踏み潰し続けると靴はどうなるか?
こうなるのである。

kids

kids

ギャーーー!
返り血ならぬ返り実。

写っていないがつま先も黒い。
靴底は実と土が絡んで大変な事に。触りたくない…。

kids

ちなみにこれ、ブラシで粗方落とした後である。
桜の実って粘性があるのね。土と混ざってまるで粘土。

この有様ではあまり信じたくはないが、この靴、まだ履き下ろして一ヶ月程なのに…。

それにしてもひどい。
なんとかしないと。
…自分の靴を守る意味でも。


手入れ開始。
うちの子供靴は革なので、革用の手入れ用品を使う。
(子供に合う靴を選んだら偶々革製だったのだが、この話は長くなるので今はしないでおく。)

濡れ布巾とタピールのオイル。
 →サイドは良くなったがつま先が落ちきらない。
トーエーのクリーナー。
 →つま先重点に。薄くなったがまだ落ちない。

布切れがどんどん汚れていくが、つま先がなかなか落ちない。

DSC06850.jpg

傷だらけの所に入り込んだのがまずかったか。


結局洗いました。サドルソープで。
どちらにせよソールは洗わないと無理だったし…。
あんまりやると革と私の腰が痛むので適当に切り上げ、無色クリームを入れて完成。

kids

kids

kids


さすがにピンクのクリームなんて買う気にならない。

落ちきっていないのが気になるが、子供は遊ぶのが仕事だ。
つまりこの靴はワーキングブーツなのだ。ピンクだけど。
ほら、ワーキングブーツは多少汚れてないと様にならないって言うし。
と自分に言い聞かせる。


ああ疲れた。
次履き下ろす時は爪先をワックスで保護してからにしよう。
もしくはこの前まで履かせていたヌバックに戻そうかな…。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。